イベントカレンダーを見る

ボランティアセンターとは

県民、企業、団体など、島根県内の社会貢献活動の参加を応援するサイトです。

文字サイズ

クラウドファンディング情報詳細

島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい (地域・教育魅力化プラットフォーム)

「みらチャレ」クラウドファンディング

現在のご支援

1,210,000円

24%
目標額: 5,000,000円

募集終了

募集期間: 2022/08/26 - 2022/10/22

募集を締め切りました。

この団体に寄附する 掲載事業への寄附募集は終了しましたが
この団体への寄附はこちらから常時可能です。
いただいた寄附は団体の別事業に活用させていただきます。

事業の概要

少子高齢化をはじめとする社会構造の大きな変化を受けて、日本でも随一の課題先進地となった島根県の未来をつくっていく若者の挑戦を後押しし、島根の未来を創るリーダーの育成を目的として、しまね未来共創チャレンジ事業を今年度よりはじめます。
本事業では、島根の未来を創る高校生の主体的なチャレンジを“しまね未来共創チャレンジ”(通称「みらチャレ」)と呼び、高校生それぞれが関心ある社会課題やテーマを設定し、それらを解決するためのプロジェクトを応援します。高校生たちは、最大10万円の活動支援金や第一線で活躍する経営者・社会人や憧れの大学生からアドバイスをもらいながら、一人ひとりの“やってみたい”を実現していきます。
つきましては、しまね未来共創チャレンジ事業の趣旨にご賛同のうえ、ご寄付をお願いします。また、今後の「みらチャレ」を支えてくれる仲間=「みらチャレ」アンバサダー(※)も募集しています。みんなの力で高校生のチャレンジを応援する「仕組み」をつくっていきましょう!

一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム 
代表理事 岩本悠

※「みらチャレ」アンバサダーとは、「みらチャレ」を寄付等を通じて応援してくれる個人。1万円以上の寄付者を対象に登録させていただきます。登録者はチラシ等にお名前を掲載します。また、アンバサダー向けの成果報告会や意見交換会の開催も予定しています。

はじめに・ご挨拶

 私たちは「意志ある若者にあふれる持続可能な地域・社会をつくる」というビジョンを掲げ、2017年3月に島根県に設立した教育事業団体です。
 島根県教育魅力化特命官を務める代表理事の岩本悠は、隠岐島前高校の魅力化を推進し、地域みらい留学のモデルケースを作りました。教育格差をなくし全国の学校に多様な出会いと学びの機会を届け活動を続ける認定NPO法人カタリバ代表理事・今村久美、人材育成分野のトップランナーであるリクルートキャリア初代社長・水谷智之、地域みらい留学の立ち上げから活動を続け現事務局長を務める尾田洋平も理事として、各分野での経験と実績を活用しながら、地域の教育から社会を変えることを目指しています。

当団体の仲間たち.png 7MB


この事業で実現したいこと

 私たちが、この事業を通じて実現したいことは、島根の未来を創る意志ある若者を育成していくこと。加えて、「島根の未来を創るのは自分たちだ」と志を持った若者を育成していくことです。
 そして、そんな若者たちの挑戦を支える生態系をオール島根でつくっていくことを通じて、「人口減少社会における持続可能な社会づくりのモデル」をつくっていくことです。
1期生10プロジェクト募集!.png 1.96MB

本事業では、島根の未来を創る高校生の主体的なチャレンジを“しまね未来共創チャレンジ”(通称「みらチャレ」)と呼び、高校生それぞれが関心ある社会課題やテーマを設定し、それらを解決するためのプロジェクトを応援します。具体的には、高校生たちの挑戦を応援するために、最大10万円の活動支援金を支給するとともに、経営者・専門家からのアドバイス、社会人や大学生による継続的なサポートを行います。高校生たちは約半年間の中でアクションを繰り返し、自分(たち)の創りたい未来を共創するチャレンジをしていきます。
共創サポーター.png 615KB

高校時代から創りたい未来を描き、その未来に近づいていくためのプロジェクトを一人ひとりがアクションを通じてその未来を手繰り寄せていくプロセスには、島根の未来が詰まっています。
 そして、そんな挑戦を多くの民間企業、行政、大学含めた多くの大人たちで支えていく。そんな挑戦を応援してもらったという経験は、失敗しても、成功しても彼らにとっての大きな糧になり、島根に根ざした大きな”原体験”になりえるのです。
 
「ないならつくればいい。未来は創れる。」
 そんなふうに思える若者たちが溢れる島根には、希望がある。
 
 彼らの挑戦を支えていく大人の生態系が耕されていった先には、若者に選ばれる島根があります。人口減少社会でも持続可能な地域社会のモデルが、ここ島根からはじまっていくのです。
 我々は、そんな未来を創りたい。そんな想いで、多くの意志ある企業や意志ある方々とこの仕組みづくりをしていきたいと思っています。

事業を行おうと思った理由

すでに事業スタートしている「みらチャレ」。 
島根の未来を創るのは、次代をつくっていく意志ある若者であることを確信した出来事がありました。
 
「島根は遊ぶ場所がない」「島根にいると成長ができない」「島根はワクワクすることがない」
 そうぼやいていた高校生が、
「島根は捨てたもんじゃない」「終わっていると思っていたけど、ぜんぜんそんなことない」「島根にはエネルギッシュでイケてる大人がいる」「島根やるやん、やるやん地元」
 これまで島根は、何もなくておもしろくないと嘆いていた彼らが、「島根おもろい」というようになりました。
 これはたった数ヶ月のうちでの変化です。
 
 彼らと同じように島根には何もないと嘆き、都会の刺激的な環境を求めて飛び出していった若者たちは多いのではないでしょうか。それは、決して悪いことではないし、否定するものではありません。
 ただ、島根には、本当に刺激はないのでしょうか。島根で挑戦することはできないのでしょうか。
 確かに大規模なショッピングモールや遊園地はありません。
 それでも、これまでの私達の経験から言えるのは、島根には挑戦しがいのある課題やテーマに溢れ、そして挑戦したいと思えば、応援してくれる人がたくさんいる誇らしい地域なのではないかということです。
 学校と家の往復で出会えていない地域・社会にいる”かっこいい”大人たちと協働して、実社会の中で自らの挑戦したいことをやってみることで、見えてくる景色があります。
 
 それは、踏み入れたことがないから解像度が低かった”社会”そのものであり、自分なりの挑戦をしてみることで見えてくる新しい”自分”なのです。
そんな人生の縮図体験を一人でも多くの高校生にしてもらいたい。
そこでは、学校だけでは学べない”リアルな学び”があるはずです。
そして、その経験は、必ずや未来の社会と自分の未来を切り拓く力を育んでいくことでしょう。
 
高校時代から、高校生一人ひとりが、創りたい未来を描き、その未来に近づいていくためのプロジェクトを一人ひとりがアクションを通じてその未来を手繰り寄せていく。
そして、そんな挑戦を多くの大人が支え、応援してもらったという経験は、失敗も成功も彼らにとっての大きな原体験になりえるのです。
fieldwork.jpg 1.75MB

これからの時代、ますます自由で住む場所に縛られない生き方になっていく。それでも、彼らが、「島根に帰ってきたい」「島根で暮らし続けたい」「島根を離れても関わり続けたい」、 そう思える地域であると感じられるためには、何が必要でしょうか。
 
 私たちは、彼らがこの場所で出番や役割を感じられるか、私が関わらなければいけない必然性を彼らが感じられるかなのです。
 そのためには、我々、大人が本当の意味で若者に期待し、島根の未来を創っていく仲間として子ども扱いせず、失敗も含めた彼らの挑戦に寛容さを持ち、彼らの主体的なチャレンジを応援することではないでしょうか。
 
 私たちは、多くの高校生・大学生と関わる中で、多様性やチャレンジが認められる地域は、若者にとって大きな魅力であり、帰ってきたい地域になることを確信しています。
 そして、応援してくれる大人と出会い、自分の挑戦を受け止めてもらい、同世代の仲間と切磋琢磨した経験は、彼らの心に、”ふるさと”に根ざした原体験として刻まれます。このことが、意志ある若者に選ばれる島根になるための大きなフックになるのではないでしょうか。
 
 そんな若者たちの挑戦を支える生態系は、人口減少時代の持続可能な地域社会づくりの基盤であり、そうしたモデルを島根からつくっていきたいと考えています。

これまでの活動

 2017年3月からスタートし、今年で5年目となる「地域みらい留学」。当法人が提供する、都道府県の枠を越えて全国各地の公立高校への進学や国内単年留学を可能にした新しい仕組みです。
 「地域みらい留学」は、親元を離れて県外の公立高校へ進学、または単年留学をする仕組みです。高校進学の選択肢を広げ、子どもたちに様々な学びの環境を提供し、それと同時に過疎地域の少子高齢化、人口減少問題の解決を目的としています。生徒と高校、そして地域をつなぐ日本初の仕組みとして全国に活動を広げています。
 2022年3月末時点で、全国32道県89校が留学先として登録されています。北海道から沖縄まで、その土地に密接した多種多様な教育カリキュラムを備えて生徒を受け入れています。
 島根県海士町・隠岐島前高校から始まったこの取り組みは、単なる地方の人口減少対策ではありません。「都会には無い魅力的な教育環境が地方にはある。」自信をもってそうおっしゃる校長先生や市町村長に全国でお会いしてきました。親元を離れ自立した状況で歴史や文化、自然に触れる。モノがなくても自分でなんとかする。助け合いや思いやり…合理を越えた関係性を体感する。これらは全て地方だからこそ成り立つ”まち全体が教育環境”という魅力。人集めではない「地域みらい留学」が、高校進学の新たな選択肢となり意志ある人の還流を生む。そうした還流こそが低下していた地域持続性を高めることにつながると考えています。
みらい留学.jpeg 38KB

資金の使い道

いただいたご寄付は今年度の本事業の活動及び事務局運営のために活用させていただきます。
(主な活動費及び事務局運営費)
 ・プロジェクト支援金
 ・諸謝金
 ・旅費交通費
 ・広告宣伝費
 ・人件費

寄付金額と寄付者特典

1円からご寄付が可能ですが、寄付金額に応じて「寄付者特典」を設けております(個人の場合)。
●1万円以上の場合、「みらチャレ」アンバサダーとして登録させていただきます。最終発表会で配布するパンフレットにお名前を掲載いたします(希望者のみ)。また、12/17の最終発表会にはオンラインで視聴のご案内をさせていただきます。
●3万円以上の場合、1万円以上の特典に加え、「みらチャレ」アンバサダーの名刺を作成します。名刺を使って、事業のPRや新たなアンバサダーへのお誘いをお願いします。
●5万円以上の場合、1万円以上・3万円以上の特典に加え、12/17(土)に開催する「みらチャレ」最終発表会にご招待いたします(先着15名限定)。ただし、コロナの影響等によりご招待できない場合は、事業報告会(オンライン)にご招待いたします。なお、ご寄付いただいた方全員(個人情報を提供いただいた方のみ)に事業終了後、事業報告書をお送りします。
また、企業様からの寄付(全額損金算入が可能)も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

寄付者特典.png 123KB


ご負担いただくのは、実質2,000円です!

  今回の寄付はしまね社会貢献基金(島根県)を通じた寄付であるため、ふるさと納税と同様の税制優遇が受けられます。2,000円を超える金額が、所得税や翌年の住民税から控除されるため、仮に「みらチャレ」アンバサダーとして登録に必要な10,000円を寄付した場合でも、8,000円が控除され、実質2,000円で10,000円を寄付することが可能です。
ただし、実質2,000円で寄付できる限度額は、納めている税金の金額によって異なります。家族構成や年収、すでに受けている税金控除(例えば、住宅ローン控除や医療費控除など)の金額により決定されますので、自身の限度額をシミュレーション(外部サイト)の上、ご寄付いただきますようお願いいたします。
下記の計算表(総務省ふるさと納税ポータルサイトより抜粋)によると、仮に共働き夫婦と高校生1人の3人家族で年収500万円の場合、49,000円が限度額となります。
※表示される金額はあくまで目安となります。詳細の控除上限額を確認されたい場合は税理士など専門家にご相談ください。

寄付上限の目安.png 188KB



実施スケジュール

6月 募集要項の公表(募集スタート)
7/10(日) エントリー締切・書類審査
7/23(土)-7/24(日) チャレンジスタートアップ合宿
8月-11月(月1回) フォローアップミーティング
10/16(日) 中間振返り会
12/17(土) プロジェクト最終発表会
スケジュール.png 412KB

最後に(アピールポイント等)

 この「仕組み」づくりは始まったばかりです。記念すべき第1回目を成功させたいのはもちろんですが、みんなで企画し、みんなで少しずつ負担し合って、みんなで若者を支える「仕組み」をつくっていきたいと考えています。

企業からの協賛、進んでいます。

おかげさまで多くの企業の皆様から沢山の協賛をいただいています。今後「みらチャレ」をより魅力的かつ継続的な事業にしていくために、更なる企業の皆様の支援の輪を広げていきたいと考えています。
そして、個人の皆様にも、ぜひ「みらチャレ」アンバサダーとして、その輪に加わっていただきたいと思います。

企業からの協賛(2022.07.18現在).png 837KB


「オール島根」で高校生のチャレンジを応援する「仕組み」づくりに賛同いただく、意志ある仲間と意志ある資金を募集しています。
ご支援の程、よろしくお願いいたします。

高校生を応援する仕組み.jpg 1.83MB

地域

松江市 浜田市 出雲市 益田市 大田市 安来市 江津市 雲南市 奥出雲町 飯南町 川本町 美郷町 邑南町 津和野町 吉賀町 海士町 西ノ島町 知夫村 隠岐の島町

大分野

環境の保全(景観保全を含む) 子育てや社会教育の推進 健康づくりや福祉の充実 文化やスポーツの振興 農山漁村又は中山間地域の振興 にぎわいのある地域づくり 経済の活性化 誰もがいきいきと暮らせる社会の実現 安全なくらしの推進 科学技術の振興

地域・教育魅力化プラットフォーム(ちいききょういくみりょくかぷらっとふぉーむ)

アピールポイント

私たちは「意志ある若者にあふれる持続可能な地域・社会をつくる」というビジョンを掲げ、2017年3月に島根県に設立した教育事業団体です。島根県教育魅力化特命官を務める代表理事の岩本悠は、隠岐島前高校の魅力化を推進し、地域みらい留学のモデルケースを作りました。教育格差をなくし全国の学校に多様な出会いと学びの機会を届け活動を続ける認定NPO法人カタリバ代表理事・今村久美、人材育成分野のトップランナーであるリクルートキャリア初代社長・水谷智之、地域みらい留学の立ち上げから活動を続け現事務局長を務める尾田洋平も理事として、各分野での経験と実績を活用しながら、地域の教育から社会を変えることを目指しています。

活動場所

全国

活動分野

子ども 青少年 教育・学習支援 地域・まちづくり 農山漁村・中山間

団体の目的

持続可能な地域・社会をつくる意志ある若者の育成
・地域社会に開かれた教育プログラムの開発・展開
・学校・教育を核とした地方創生に向けたチーム・人づくり
・都市部からの地方留学・教育移住等の新たな人の流れの創出
・全国規模の共学共創するプラットフォームの構築・運営 等

団体の活動・業務

生き抜く力を育む魅力ある教育環境を展開し、未来を創る「意志ある若者」に溢れる持続可能な地域・社会をつくる
・共通ビジョンを持つ地域・学校・行政等の協働チームを育成
・社会に開かれたチーム学校を実現し、地域資源(人・もの・金・知恵など)と教育を接合
・子どもが地域に出て、自ら課題を見つけ多様な人を協働して挑戦する課題解決型学習を展開
・越境留学を推進し、地方・都市・海外など多様な価値観や文化との交流を通して学べる環境を創出
・子どもたちの変化成長や地域社会に与えるインパクトを評価・見える化し、より広い共感と
 持続的な参画を促進
・各地域をまたいだ共学・共創する全国規模のプラットフォームを構築
・現場の取組を促進する県レベルの改革と国の地方創生及び教育改革を結合し、日本全体のシステム
 チェンジを創出

設立以来の主な活動実績

2016年、代表である岩本悠が「学校を核とした地域創生のスケールアウト」により特別ソーシャルイノベーター最優秀賞を受賞(日本財団)
 
2017年3月、全国のでナナメの関係と本音の対話を16年届けてきたNPOカタリバ代表理事の今村久美や、人材育成分野のトップランナーであるリクルートキャリア元社長の水谷智之とタッグを組み、地域の教育から社会を変えることを目指し法人設立、事業開始
 
・理事・会長 水谷智之
 株式会社 水谷智之事務所 代表
 株式会社 リクルートキャリア 元代表取締役社長

・代表理事 岩本悠
 島根県 教育魅力化特命官
 海士町及び島前高校の魅力化を推進

・常務理事・事務局長 尾田 洋平
 都会からの留学生を受け入れる「地域みらい留学」事業責任者

・共同代表 今村久美
 認定NPO法人 カタリバ 代表理事

(採択実績)
・2016年度 平成28年公益財団法人日本財団
 ソーシャルイノベーター支援制度において最優秀賞を受賞(応募総数225件)
・2018年 文部科学省 日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)パイロット事業採択
・2020年 公益財団法人トヨタ財団 2020年度国内助成プログラム「そだてる助成」採択
(協働実績)
・2017年度
島根県教育委員会「教育の日フォーラム」開催
主催:島根県教育委員会 共催:一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム
・2018年度
全国地域教育シンポジウム×全国コーディネーターサミット「地域・教育を共に学び共に創る」開催
主催:島根大学 共催:(一財)地域・教育魅力化プラットフォーム
・2020年度
大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラムの共創パートナーに登録
・2020年度
内閣府(まち・ひと・しごと創生本部)との協働事業「実践的な活動等を通じた高校生の地域留学の推進のための情報発信等業務」契約

現在特に力を入れていること

現場の取組がより持続的に進化するための支援アプローチ
⑴ 意志あるチーム育成
共通ビジョンを持つ地域・学校・行政等のセクターを越えた協働チームの育成を支援

⑵ 社会に開かれた教育環境
社会に開かれたチーム学校づくりを促進し、地域社会の資源(人・もの・金・智恵など)と教育の接合を支援

⑶ プロジェクト学習
地域社会の課題を自ら見つけ、多様な人々と協働
して挑戦する課題発見解決型学習の推進を支援

⑷ 越境と多文化協働
越境留学を促進し、地方・都市・海外など多様な
文化や価値観との交流や協働を通して学べる環境づくりを支援

今後の活動の方向性・ビジョン

・今後の活動の方向性
「あそこだから(できる)問題」を越え、取組が展開されていくための戦略
⑴ 勘・経験・感覚の3K ⇒ 価値の見える化
子どもたちの変化成長や地域社会に与えるインパクトの評価・見える化を支援し、より広い共感と持続的な参画を促進する

⑵ 各地域の個別支援 ⇒ 共学共創のプラットフォーム
地域をまたいだ全国規模のプラットフォームを育て、相互学習や協働・共創を生み出し続ける

⑶ 現場の実践任せ ⇒ 県・国一体のシステムチェンジ
現場の取組を促進する県レベルの総合的な改革と国の地方創生及び教育改革を結合し、日本全体の
システムチェンジを創出する

・ビジョン
意志ある若者にあふれる
持続可能な地域・社会をつくる

※意志ある若者
=未来をつくる意欲あふれる若者
=幸せな人生と持続可能な地域・社会をつくる
 意欲あふれる若者
意志ある若者が育つ魅力ある教育環境を実現し、
新たな人の流れを生む かけがえのない一助となる

基本情報

CANPAN 団体情報URL
http://fields.canpan.info/organization/detail/930
所在地
松江市
公開範囲
インターネット上で公開
団体属性
ボランティア団体
代表者役職
代表理事
代表者氏名
岩本 悠 (いわもと ゆう)
事務局役職
未登録
事務局氏名
未登録
郵便番号
〒690-0886
住所
島根県松江市母衣町835 母衣町ビル3階
電話番号
0852-61-8866
FAX番号
0852-61-8867
ホームページ
http://c-platform.or.jp/
メールアドレス
info@c-platform.or.jp
設立日
2017年03月10日
会員種別/会員/数
マンスリー会員 179人(注)2021年3月末日現在
URL

http://c-platform.or.jp/

https://www.facebook.com/c.platform.or.jp/

https://twitter.com/platform_sec

https://www.furusato-tax.jp/city/product/41001/301

https://san-in-miraienjin.jp/mirachalle

御礼(みらチャレ).jpeg

【ありがとうございました!寄付総額 1,210,000 円】 活動報告をもっと見る

【ありがとうございました!寄付総額 1,210,000 円】

10/22をもちまして約2ヶ月に渡り取り組んできた『しまね未来共創チャレンジ事業』(通称「みらチャレ」)のクラウドファンディングが終了しました!

最終的な寄付総額は1,210,000円です!

目標額は500万円ではありましたが、個人からのご寄付(こちらのクラウドファンディング)に加え、企業様からのご寄付も同時に募ってきましたので、個人及び企業寄付を足し合わせますと、無事に「みらチャレ」は実施できます!

私たちは、「みらチャレ」を通じて、地元企業や皆さま個人の方々と一緒に「オール島根」で、今後も島根県の未来をつくっていく若者の挑戦を支援していきます。

この2ヶ月で築かれたご縁を大切に、これからも「みらチャレ」を全力で推進していくことを約束し、終了のお知らせとさせて頂きます。

最後になりましたが、本クラウドファンディングにご協力を頂きました島根県内外の皆様をはじめ、SNSでシェアして下さった方々、応援してくださる企業の方々、そして地域・教育魅力化プラットフォームの活動を支えてくださる全ての関係者に心から感謝の気持ちを申し上げます。

--------------
(参考)
SHIMANEみらい共創CHALLENGE
→https://san-in-miraienjin.jp/mirachalle

クラウドファンディングページ
→https://www.shimane-ikiiki.jp/crowd_fundings/10

みらチャレ コラージュ

<創ろう、未来をともに>私たちの想い 活動報告をもっと見る

私たちの想いをお届けしたくて、1日1人を目安に、活動への想いやメッセージを発信してきましたが、19人のメッセージが集まりました。
それらをまとめたコラージュを作成しました。
クラウドファンディングも残すところ、あと7時間余り。
届け!私たちの想い!!

『新庁舎建設現場にアート(09.27付け)』.jpg

\建設現場をもっと明るくしようプロジェクト/ 活動報告をもっと見る

\建設現場をもっと明るくしようプロジェクト/

松江北高等学校の山野内さん、伊藤さん、牧野さんのプロジェクトが山陰中央新報に掲載されました。

松江市役所新庁舎の建設現場に花火をイメージしたアート作品が飾られており、建設現場で働く人や道行く人を和ませています。

そんな彼ら彼女らのチャレンジを応援する「みらチャレ」では、現在、クラウドファンディング実施中。一緒に高校生を支えてくれる仲間を募集しています。
みんなの力で高校生のチャレンジを応援する仕組みをつくっていきましょう!

出所:山陰中央新報令和4年9月27日(著作物使用許可済)

岩本悠からのメッセージ

《創ろう、未来をともに》私たちの想い_VOL.1 活動報告をもっと見る

《創ろう、未来をともに》私たちの想い_VOL.1

現在、絶賛実施中の「みらチャレ」クラウドファンディング。
皆さまに私たちの想いを届けたくて、1日1人を目安に、活動への想いやメッセージをお届けまします。
第1回目は代表理事の岩本悠から!

<クラウドファンディング情報>
●タイトル 島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい
●目標額 500万円
●支援額 684,600円(達成率13%)
●募集期間 8/26(金) - 10/21(金)

#みらチャレ
#しまね未来共創チャレンジ
#高校生
#しまね
#島根県

※同様の投稿をfacebookでも行なっています。
こちらもご覧ください。そして、フォローをお願いします。
https://www.facebook.com/shimanemiraichallenge

山陰中央新報談論風発.jpg

山陰中央新報「談論風発」 活動報告をもっと見る

山陰中央新報の「談論風発」に当財団の代表理事・岩本悠の記事が掲載されました。
今回の内容は「みらチャレ」について!

高校生たちの活動内容やこれまでの変化にも触れています。
この事業を通して、彼ら、彼女らのこれからの大きな成長の糧を得てもらえるよう「みらチャレ」をより魅力的で継続的な仕組みにしてきたいと思います!

現在実施中の「みらチャレ」クラウドファンディングでは、そんな仕組みづくりを一緒に支えてくれる仲間を募集しています。
みんなの力で高校生のチャレンジを応援する仕組みをつくっていきましょう!

出所:山陰中央新報令和4年8月28日(著作物使用許可済)

クラウドファンディング延長のお知らせ 活動報告をもっと見る

8月26日(金)から開始したしまね未来共創チャレンジ(通称「みらチャレ」)に対するクラウドファンディングですが、募集期間を10月21日(金)まで延長いたします。

●タイトル 島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい
●目標額 500万円
●募集期間 8/26(金) - 10/21(金)

引き続き、応援、拡散、ご協力いただければ幸いです‼︎
どうぞよろしくお願いいたします‼︎

メンテナンスのご案内 活動報告をもっと見る

“みらチャレ”クラウドファンディングの情報を掲載している県民活動応援サイト「島根いきいき広場」について、下記の期間、メンテナンが行われます。

●メンテナンス期間:2022年09月19日(月)21:00 ~ 2022年09月20日(火)12:00
 ※しまね社会貢献基金のクレジットカードを利用した寄附を一時停止いたします。
 ※島根いきいき広場は通常に稼働いたします。
 ※作業の状況により終了時間が前後することがございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

寄付額が50万円を超えました! 活動報告をもっと見る

【寄付額が50万円を超えました!】
おかげさまで「みらチャレ」クラウドファンディングの寄付額が50万円を超えました!
●寄付額520,600円(達成度10.4%)9月15日14時現在
ご寄付をいただいた皆さま、情報を拡散いただきた皆さま、ありがとうございます。
とはいえ、まだまだ目標額の10%を超えたばかり…引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

【2回目の説明会を開催します】
続いて、9月16日(金)19:30から「みらチャレ」の支援者向け説明会の第2回目を開催します。
今回のテーマも「島根の意志ある若者の挑戦を応援する”みらチャレ”とは?」
当財団の担当者から「みらチャレ」が開始されるまでの道のりや背景、その魅力について説明するとともに、今後の在り方等について、参加者の皆さまと双方向で意見交換できる機会になればと考えています。
探究学習、高校生チャレンジ、持続可能な地域づくり・仕組みづくり、意志ある仲間づくり、地方創生などに興味のある方はぜひご参加ください。
併せて、今後の「みらチャレ」を支えてくれる仲間づくりとして取り組んでいるクラウドファンディングや「みらチャレ」アンバサダーについても説明します。

【みらチャレ説明会の概要】
▼開催日 9月16日(金)19:30〜20:30
▼開催方法 オンライン(zoom)
 *zoomのURLは前日までにメールにてお知らせします。
▼参加費 無料
▼申込締切 各開催日の前日まで
▼定員 各回100名
▼申込方法 peatix  https://peatix.com/event/3352895
(注)Facebookで参加予定にしただけでは、正式申込にはなりません。必ずpeatixにてお申込みください。

うんせきブログ.png

あの「うんせきブログ」に掲載いただきました! 活動報告をもっと見る

あの「うんせきブログ」にクラファン情報を掲載いただきました!
ありがとうございます。
高校生の「やってみたい」を応援する仕組みを一緒につくっていきたい!共感いただけて嬉しいです。

来週月曜日と金曜日には説明会も開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

【みらチャレ説明会の概要】
▼開催日 ①9月13日(火) ②9月16日(金)
 *時間はいずれも19:30〜20:30
▼開催方法 オンライン(zoom)
 *zoomのURLは前日までにメールにてお知らせします。
▼参加費 無料
▼申込締切 各開催日の前日まで
▼定員 各回100名
▼申込方法 peatix
①9月13日(火)https://peatix.com/event/3352754
②9月16日(金)https://peatix.com/event/3352895

Facebookイベントへの招待.png

"みらチャレ"オンラインイベントのシェアをお願いします! 活動報告をもっと見る

9月13日(火)、9月16日(金)に開催する"みらチャレ"オンラインイベントの「招待」及び「拡散」をお願いします。

【FBイベントページ】 
9月13日(火) https://fb.me/e/33T6O6O2i
9月16日(金) https://fb.me/e/2XgE31M6Y

(招待の方法)
①まずは自分自身を「参加予定」か「興味あり」にする
②続いて、facebookのお友達を招待する(画像参照)

(拡散の方法)
①Facebookのイベントページのイベントタイトル右下にある「矢印」をクリックして、「シェア」を選択する。
②リード文を入力して自分のタイムラインに投稿する

【みらチャレ説明会の概要】
▼開催日 ①9月13日(火) ②9月16日(金)
 *時間はいずれも19:30〜20:30
▼開催方法 オンライン(zoom)
 *zoomのURLは前日までにメールにてお知らせします。
▼参加費 無料
▼申込締切 各開催日の前日まで
▼定員 各回100名
▼申込方法 peatix

支援者向け説明会

【2日間開催】島根の意志ある若者 の挑戦を応援する ”みらチャレ”とは? 活動報告をもっと見る

今年度から新たに始まったしまね未来共創チャレンジ事業、通称「みらチャレ」の支援者向け説明会を開催します。
テーマは「島根の意志ある若者の挑戦を応援する”みらチャレ”とは?」
当財団の担当者から「みらチャレ」が開始されるまでの道のりや背景、その魅力について説明するとともに、今後の在り方等について、参加者の皆さまと双方向で意見交換できる機会になればと考えています。
探究学習、高校生チャレンジ、持続可能な地域づくり・仕組みづくり、意志ある仲間づくり、地方創生などに興味のある方はぜひご参加ください。
併せて、今後の「みらチャレ」を支えてくれる仲間づくりとして取り組んでいるクラウドファンディングや「みらチャレ」アンバサダーについても説明します。

【みらチャレ説明会の概要】
▼開催日 ①9月13日(火) ②9月16日(金)
 *時間はいずれも19:30〜20:30
▼開催方法 オンライン(zoom)
 *zoomのURLは前日までにメールにてお知らせします。
▼参加費 無料
▼申込締切 各開催日の前日まで
▼定員 各回100名
▼申込方法 peatix
①9月13日(火)https://peatix.com/event/3352754
②9月16日(金)https://peatix.com/event/3352895
(注)Facebookで参加予定にしただけでは、正式申込にはなりません。必ずpeatixにてお申込みください。

クラファンやってます!.jpeg

クラファンやってます!看板を設置しました。 活動報告をもっと見る

【クラファンやってます!】

松江の事務所前に看板が設置されました。
職員みんなで一丸となって取り組んでいます❤️

(クラファンの概要)
●タイトル 島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい
●目標額 500万円
 *9/4現在の寄付額 240,600円(達成率4.8%)
●募集期間 8/26(金) - 9/22(木)
●寄付募集ページ https://www.shimane-ikiiki.jp/crowd_fundings/10

高校生のチャレンジを応援する仕組みづくり&目標達成に向けて、皆さまのご支援の程、よろしくお願いいたします。

「いいね」をお願いします!

9/2現在の寄付額は185,600円です! 活動報告をもっと見る

9/2(金)16:00現在の寄付額は185,600円です!
これまでご寄付いただいた方、ありがとうございます。

一方で、達成率はまだまだ3.7%...
皆様のお力添えをいただき、シェア、拡散をお願いします。

その拡散の一つをご紹介します。
先日プレスリリースした「PRTIMES」の記事への「いいね」をお願いします。
ハートマークをポチッと押してください。
その上で、その隣に並んでいるTwitterやFacebookでのシェアをお願いします。

皆様からの「いいね」の数が力になります。
どうぞ、よろしくお願いします。

共創サポーター.webp

プレスリリースを行いました! 活動報告をもっと見る

本日、PRTIMESにてプレスリリースを行いました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000035136.html

「みらチャレ」のことやクラウドファンディングことをまとめていますので、ぜひご一読ください。
併せて、シェアいただけると嬉しいです♪

(クラファンの概要)
●タイトル 島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい
●目標額 500万円
 *8/28現在の寄付額 70,000円(達成率1.4%)
●募集期間 8/26(金) - 9/22(木)
●寄付募集ページ https://www.shimane-ikiiki.jp/crowd_fundings/10

高校生のチャレンジを応援する仕組みづくり&目標達成に向けて、皆さまのご支援の程、よろしくお願いいたします。

「みらチャレ」クラウドファンディング.png

本日からクラウドファンディングがスタートしました! 活動報告をもっと見る

本日スタートした「みらチャレ」クラウドファンディング!
今回は単なる寄付募集ではなく、今後の「みらチャレ」を応援してくれる仲間を募集しています。
「みらチャレ」アンバサダーになって、一緒に高校生のチャレンジを応援する「仕組み」をつくっていきましょう!

「みらチャレ」アンバサダーとは、「みらチャレ」を寄付等を通じて応援してくれる個人。
1万円以上の寄付者を対象に登録させていただきます。
1万円と聞くと、ちょっと高いな!という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし!今回の寄付はしまね社会貢献基金(島根県)を通じた寄付であるため、ふるさと納税と同様の税制優遇が受けられます。
2,000円を超える金額が、所得税や翌年の住民税から控除されるため、仮に「みらチャレ」アンバサダーとして登録に必要な10,000円を寄付した場合でも、8,000円が控除され、実質2,000円で10,000円を寄付することが可能です。
詳しくは下記ページでも解説しておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.shimane-ikiiki.jp/crowd_fundings/10

(みらチャレの概要)
島根の未来を創る高校生の主体的なチャレンジを“しまね未来共創チャレンジ”(通称「みらチャレ」)と呼び、高校生それぞれが関心ある社会課題やテーマを設定し、それらを解決するためのプロジェクトを応援します。
高校生たちは、最大10万円の活動支援金や第一線で活躍する経営者・社会人や憧れの大学生からアドバイスをもらいながら、一人ひとりの“やってみたい”を実現していきます。
https://san-in-miraienjin.jp/mirachalle

(クラファンの概要)
●タイトル 島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい
●目標額 500万円
●募集期間 8/26(金) - 9/22(木)
●クラファンページ https://www.shimane-ikiiki.jp/crowd_fundings/10

クラウドファンディングページがオープンしました! 活動報告をもっと見る

ついにクラウドファンディングページがオープンしました。
「島根の未来を創る高校生のチャレンジを応援する仕組みをオールしまねでつくりたい」

また、しまね未来共創チャレンジのFacebookページでも事前告知も始めました!
しまね未来共創チャレンジ
こちらのサイトへの「いいね」もよろしくお願いします。