イベントカレンダーを見る

ボランティアセンターとは

県民、企業、団体など、島根県内の社会貢献活動の参加を応援するサイトです。

文字サイズ

団体詳細検索

基本情報

所在地

松江・安来
出雲
雲南
大田・川本
浜田・江津
益田・津和野
隠岐

活動分野

環境の保全(景観保全を含む)
子育てや社会教育の推進
健康づくりや福祉の充実
文化やスポーツの振興
農山漁村又は中山間地域の振興
にぎわいのある地域づくり
経済の活性化
誰もがいきいきと暮らせる社会の実現
安全なくらしの推進
科学技術の振興
テーマ指定なし(その他)

検索結果

該当件数

95件

キーワード

未設定

しまね社会貢献基金

未設定

団体

未設定

所在地

未設定

活動分野

環境・エコロジー

団体情報一覧

2021.08.10 [松江市] YSP松江支部
アピールポイント
明るく元気に、中高生から青年まで多くの若者が活躍しています!
2021.02.01 [奥出雲町] エコナイト
アピールポイント
未設定
2020.08.17 [出雲市] ひらた空き家再生舎
アピールポイント
当法人は空き家の管理代行、賃貸・売却希望物件の情報収集・情報提供事業、利活用を図る再生事業、空き家を通した交流・ネットワーク支援事業を行ないます。それにより市民参加と協働を促進しつつ、空き家の状態維持と軒数の削減を図り、定住促進による人口増加と地域の魅力化・活性化に寄与することを目的としています。
2020.08.11 [出雲市] 出雲古志古民家塾
アピールポイント
未設定
2020.07.02 [津和野町] 合同会社 高津川デザイン工房
アピールポイント
未設定
2020.05.27 [松江市] くにびきエコクラブ
アピールポイント
小学校・公民館・イベント会場等で上演する「環境出前劇」は平均上演時間50分、脚本・演出・キャスト・音楽・映像・道具類のすべてを手造り。過去11年間に上演した劇は26本、テーマは「命ある食べ物を大切に」「CO2削減による地球温暖化防止」「白クマの死滅とリユース食器の導入」「震災被災地支援と節電」「プラごみ削減による海洋汚染の防止」「コロナウイルスとの共存を考える」など時代の要請に応じ選択している。 また、小学校の公演では「環境出前劇上演」と「親子エコチャレンジ講座」を行う全国オンリーワンの組織。
2019.09.14 [出雲市] 里の恵み山渓会
アピールポイント
野生鳥獣対策に関する食肉解体、及び「ジビエ(野生鳥獣の食肉・加工品)」としての食肉加工のために、食肉解体処理施設運営、一般層への「ジビエ」の普及、並びに後進の猟師育成に取り組む。
2018.06.29 [雲南市] おっちラボ
アピールポイント
おっちラボは、若者のチャレンジ、「幸雲南塾」の企画運営を主な事業としています。幸雲南塾では、雲南市で学びと実践の機会を繰り返すことを通して、地域の未来を切り拓いていく人材を育成します。  VISION   地域の暮らしを良くする本気のチャレンジが溢れる雲南市を目指します。  MISSION   本気で取り組む人が学び実践し、想いをカタチにする実験場を作ります。    おっちラボがある島根県雲南市は高齢化、少子化、若者の人口流出による人口減少など、日本の25年先の未来を知る課題先進地です。また、課題は担い手不足に限らず、中山間地域ならではの在宅医療の難しさや耕作放棄地の増加など多種多様にあります。  雲南市は2011年より「チャレンジ」をテーマに掲げ、子ども・若者・大人の各世代の3つのチャレンジの連鎖を起こすことで様々な課題解決につなげるアクションをスタートさせました。 10年後も、20年後も、市民みんなで支え合い、いきいきと暮らせる魅力あるまちづくりに挑戦しています。
2018.06.04 [吉賀町] 女性福祉センター
アピールポイント
女性福祉センターの活動内容 ①講演会・勉強会 体験談や事例に基づいた講演勉強会を開催 ②支援会議への出席及び開催 ③個人面談 友人として接し、必要に応じて行政機関や専門機関を紹介 ④同行支援 行政機関や専門機関への相談時に同行。相談先とスムーズに会話できるように支援 ⑤生活のリズムをつけ、回復につなぐ ⑥電話・メールでの安否確認
2017.05.16 [浜田市] NPO法人わきあいあい
アピールポイント
 私たちは浜田市を拠点に活動しています。設立当初からの中心的な活動は、環境学習会や遊休農地の景観保全、交流事業等です。 現在は、地域の食・農・環境の良さを伝えることによって、地域を好きになってもらえるように活動しています。また、病気や障がい・貧困といった問題にも取り組んでいます。
2017.04.01 [雲南市] 里山笑楽校
アピールポイント
目的 本会は、山王寺棚田の保全と地域資源の活用を目的として各種活動を行う。 活動  1.棚田保全を通して自然環境を守る活動を行う。  2.その為に地域外からの支援を求め交流人口を増やすために各種イベントの開催する。  3.地域資源を活用した六次産業化を推進する事で若者が暮らせる里山づくりを行う。 
2019.05.22 [奥出雲町] 森と畑と牛と
アピールポイント
未設定
アピールポイント
未設定
2016.05.18 [雲南市] 奥出雲山村塾
アピールポイント
未設定
2015.10.28 [出雲市] ディオッサスポーツクラブ
アピールポイント
設立以来、女子サッカーチームの運営、普及世代の育成を主な活動とし、女性が輝く社会と、地域の活力源的存在になることを目指してきました。 これまでの活動を踏まえ、より安全で、より安心なスポーツ環境を整えるとともに、スポーツ現場での安全・安心情報を発信していける中心団体になるために、今年度、新たに、『スポーツ現場の安全安心プロジェクト』(地域づくり応援助成金支援対象)事業にも取り組んでいきます。
2015.12.11 [美郷町] 美郷町観光協会
アピールポイント
少人数の職員で美郷町全体をカバーし、さまざまな活動支援や情報発信に努めています。
アピールポイント
未設定
2015.06.21 [松江市] 日本寧夏友好交流協会
アピールポイント
 寧夏回族自治区と島根県の友好交流協定締結20周年の前年である平成24年度に、官民学それぞれの分野で、文化交流、植林ボランティア、学術交流などの中心となっていた者が発起人になって設立した団体で、交流の幅の広さという点では他に例を見ないほどであると言える。島根と寧夏といういずれも両国で最小規模の自治体の交流であったが故に情報の共有がしやすかったことも幸いし、いわゆる「顔見知り」の関係が多数構築されているのが自慢である。
2014.07.16 [松江市] do the sea
アピールポイント
このような活動をしている団体は、全国的にもまだ数少ないです。知的障がいを持つ方が健常者と共に当たり前のように海を楽しむことができる。 Do theSeaはそんな当たり前のことをサポートしている団体です。
2014.07.18 [安来市] 結の里 たーら
アピールポイント
自然豊かなふるさとたわらで、今年度より活動を開始しました。 地域活性化と定住を視野に入れ、将来の担い手となる子供たちと一緒にふるさと奥田原を知り、多くの方にその良さを知っていただこうと、日々楽しみながら活動しています。
アピールポイント
高齢者大学校の同窓生で構成する組織ではあるが、マチュリティ(成熟)な能力と人生に積極的な情熱を持って、ネバーギブアップ精神で取り組んでいる。
2014.03.29 [大田市] NPO法人石見銀山協働会議
アピールポイント
人類共通の宝である世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観を未来に引き継いでいくための活動を行っている。
アピールポイント
お客様の案内や、各種教室の準備・補助などでお手伝いをしていただける方を募集しています。興味のある分野で構いません。お気軽にお問い合わせください。
2013.11.07 [松江市] 樹冠ネットワーク
アピールポイント
樹冠とは樹木のてっぺんのこと。私たちは森と上手につきあってきた昔の日本人の智恵をもういちど学び、暮らしを見つめなおす運動をしているグループです。江津市をはじめ、島根県西部・江の川流域を中心に活動しています。 団体結成のきっかけは、「郷蔵普請」です。(2010~2013年、島根県江津市桜江町の登録有形文化財「中村家旧郷蔵」(江戸時代、年貢米や飢饉の時の食料を保存する公の施設であった蔵)を、地域の自然素材だけで建てられた蔵を昔ながらの方法で改修して、自然の摂理に沿った先人の知恵や高齢者の経験知を伝達、伝統的建築技術を伝承しました) 2013年以降は、地域住民や子供たちを対象に森林教室を開催しています。さらに、郷蔵普請から学んだ竹の有用性を現在に生かすべく、荒廃竹林の整備と竹の有効活用を目指した事業に取り組んでいます。
2013.10.15 [松江市] 自然再生センター
アピールポイント
 戦後間もなく立案された中海干拓淡水化事業は、大型公共事業として初めて中止となったものの、経済成長に伴う開発行為も加わり、豊かだった汽水域の自然環境が著しく損なわれ、中海の魚介類を食すること、触れることもなく、地域住民には近くて遠い中海となってしまいました。 【未来につなげ、ふるさとの水辺~今できることにチャレンジ~】  地域の課題解決に役立つ研究(専門家)が、企業・行政・住民と多様な立場の人々と共に活動でき、その成果に将来世代の育成と中海・宍道湖独自の経済循環を認証し価値をつけることでレジリエンスな地域として自然再生のみならず地域の包括的再生を目指しています。SDGsの視点から事務所の入っている建物も松江市の中心市街地で企業と共に複合的に運営しています。  新しいウィズコロナ時代、あらゆる角度からチャレンジを続けています。  認定NPO法人を取得した年には、1年間で551口(1口3,000円)の寄付を集め、全国から注目を集めました。