イベントカレンダーを見る

ボランティアセンターとは

県民、企業、団体など、島根県内の社会貢献活動の参加を応援するサイトです。

文字サイズ

ボランティア情報詳細検索

基本情報

開催地

松江・安来
出雲
雲南
大田・川本
浜田・江津
益田・津和野
隠岐

分野

環境の保全(景観保全を含む)
子育てや社会教育の推進
健康づくりや福祉の充実
文化やスポーツの振興
農山漁村又は中山間地域の振興
にぎわいのある地域づくり
経済の活性化
誰もがいきいきと暮らせる社会の実現
安全なくらしの推進
科学技術の振興
テーマ指定なし(その他)

検索結果

該当件数

37件

キーワード(タイトルまたは登録団体名)

未設定

開催期間

未設定

随時

随時を含める

団体

未設定

開催地

未設定

分野

食・産業、漁業、林業 農山漁村・中山間

ボランティア情報一覧

登録団体
ふるさと島根定住財団(しまね県民活動支援センター)
開催期間
随時開催
内容
斐伊川上流の水源地で少しボランティアな1日を過ごしてみませんか。 ■開催日 8/8(土)山の仕事を自然体験~子どもたちの植えた苗木を守ろう! 9/5(土)竹筒ごはんとおもちゃ~竹との友情を取り戻ろう! 10/24(土)ごみを拾い馬と遊ぶ~歩いて守ろう!さくらおろちの美! 11/21(土)山のきを使う体験~人口林、今、必要なことは? 12/5(土)里山素材のリースづくり~ジャパニーズデビルと言われる葛で里山リースを! ■時間 各回10~15時 ■参加費(昼食代込) 大人:2,000円、小学生以下:1,000円 ■集合場所(集合場所からのバス移動は無料) ①島根県庁前(本庁舎殿町郵便局付近)7:50集合→8:00出発 ②宍道ふるさと森林公園(学習展示館前)8:40集合→8:50出発 ③道の駅おろちの里(観光案内コーナー・お手洗い隣)9:40→9:50出発 ※自家用車でお越しの方は③への集合が便利です。 ※送迎バスでの帰路はおよそ③15:20出発→②16:00出発→①16:30到着の予定です。 ■定員 各回20名(申込み先着順) ■お申込・お問い合わせ NPO法人さくらおろち TEL/FAX 0854-48-0729 E-mail sakura-o@bs.kkm.ne.jp NPO法人もりふれ倶楽部 TEL/FAX 0852-66-3586
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
出雲市社会福祉協議会がサイトで提供されているボランティア情報を掲載します。みなさま、ぜひ、ご参加ください!
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
松江市社会福祉協議会が提供されているボランティア情報を掲載します。みなさま、ぜひ、ご参加ください!
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
安来市内のボランティア情報
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
雲南市のボランティア情報
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
江津市のボランティア情報
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
浜田市のボランティア情報
登録団体
島根県環境生活総務課NPO活動推進室
開催期間
随時開催
内容
益田市のボランティア情報
登録団体
森と畑と牛と
開催期間
随時開催
内容
◉私たちは、「森と畑と牛と」というグループです。奥出雲町の佐白にある「ダムの見える牧場」、そして雲南市木次町にある「樟舎」、ふたつの場所を拠点として、焼畑の実践や民俗や歴史の調査などさまざまな活動をはじめているところです。 ◉いま、むかしの食べものの話を、経験ゆたかな方に聞いていこうとしています。でもひとりから話をきくよりも、3人4人と集まっていただいて、お茶を飲みながら、ああだった、こうだったと話すほうが楽しいし、思い出すことがたくさん出てくるものです。 ◉私たちは、そういう会を開ける方を探しています。会場費やお茶を買うなど経費はお出しします。お皿やお茶などの準備や後片付けなど、手間のかかることはすべてこちらで行います。車での送迎もできます。 ◉お願いしたいことは2つ。 一、2人以上5人以内の参加者をつのってください。日時と場所は事前にご相談。場所は公民館や公会堂、どなたかのご自宅でも結構です。 一、参加される方へなにか一品、手料理をお持ちいただくようにお願いしてください。 ◉むかしの食べものにまつわることならばなんでもよいのですが、次のことがらが話せる方をとくに探しています。 1. 山野のもので食べられるもの……ヨモギ、ホウコ、アザミ、ゴロビナ、オオバコ、ショボナ、クサギナ、ギシギシなど 2. 畑でつくる野菜や豆などのこと、タカキビなどの雑穀のこと 3. 塩、砂糖、醤油、味噌のこと ●お問い合わせ・連絡先 面代真樹(おもじろまさき) tel.090−7893−6024  fax.0852-35-5139 〒699−1311雲南市木次町里方331−1
登録団体
森と畑と牛と
開催期間
随時開催
内容
2020年度の活動へと続いています。以下のアドレスへ。 ↓ https://www.shimane-ikiiki.jp/volunteers/3022 今年で5年目となる奥出雲町佐白地内での焼畑活動への参加者を募集します。 野外活動が大半ですが、デスクワークや調査活動もありますので、お問い合わせください。活動内容は以下のものの中で適宜行います。 ★冬季は春の火入れへ向けての準備と、荒廃竹林の手入れ、畑の手入れなどが主な仕事となります ★初心者歓迎。 ◉日時 予定(随時更新) 1月11日(土) ◆来春の火入れへむけて、竹の伐採をはじめます。 ◉活動内容 1.荒廃竹林の整備……竹の伐採、運搬、炭づくりです。気持よい竹林に生まれ変わらせるためのいろいろ。 2.荒廃林伐開……焼畑のための伐開ですが、めざすところは野外博物館。10年サイクルで自然がめぐり、風と虫と鳥と牛と人と水が、協調しながらつくる、多様性に満ち満ちた「谷」をつくっていきます。 3.焼畑の準備……今年火入れをする山野の整備。燃える材の伏せ込み(竹や木の枝などを積み増しします)や防火帯づくりなど。 4.火入れ……山に積んだ材に火を放ち延焼させます。2019年は春に1回、夏に1回を予定しています。見学や調査も受け入れています。 5.作物を育てる……育てるというよりは見守ること。焼畑は基本的には畝立てもなにもしません。草をぬいたり、牛が畑に入らないような柵をもうけたり、間引きしたりということ。 6.収獲……実験的な活動ですので、多種多品目栽培です。穀類、野菜類を育てますので、収獲後の脱穀選別調整や料理の試作なども。 7.地域の食文化調査としての、聞き書き調査。 夏です。草の季節です。 残したいものを残しつつ刈るのはなかなか手間がかかります。刈払機と手刈りとを併用しながらすすめます。 ※天候不順の場合、中止または屋内での活動となります。 ◉場所 ダムの見える牧場 島根県仁多郡奥出雲町佐白529−1 ◉申込・問合せ 以下のメールアドレス、またはファックスへ、件名を「ボランティア希望」として申込みあるいはお問い合わせください。返信をもって受付とします。 メールアドレス:fire@s-orochi.org ファックス:0852-35-5139 記載事項 氏名 生年月日 住所 本人連絡先と緊急連絡先(家族、学校など) 動機・希望(やりたいこと、できること、できないことなど) ◉参加費 無料 ◉持ち物・服装など ・お昼に食べるもの(お弁当・おにぎりなど。こちらで用意することもあり、各回ごとにご連絡します) ・水分補給用水筒やペットボトル等 ・長袖と頭髪を覆うバンダナやタオル等(肌と頭部が隠れる服装) ・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴など ・手袋や軍手など ・(お持ちであれば)ノコギリ、ナタ、ヘルメット ◉主催 森と畑と牛と/奥出雲山村塾/里山管理研究会 ◉山墾りとは  やまはり、と読みます。荒廃した山野を切り開くこと。開墾の墾をはるとよむのです。万葉集の時代にまでさかのぼる古語ではありますが、今の時代にあっても身に染み入るような語感を有しています。 「開墾は藪を刈り払って墾す(はらす)時に……」とは、吉野せい『洟をたらした神』に収められた「春」の一節。はるとは、払、遙、原、そして春の語幹となっているように、はらいのけてはるかみわたせるようにすることの義をもちます。 ◉活動履歴 1月12日(土)→済 1月13日(日)→済 1月19日(土)→済 1月20日(日)→済 1月26日(土)→中止(積雪) 1月27日(日)→中止(積雪) 2月2日(土)→済 2月9日(土)→雨天中止 2月10日(日)→済 2月16日(土)→済 2月23日(土)→済(在来作物調査・取材) 3月1日(金)→済(在来作物調査:奥出雲町八川、馬木) 3月2日(土)→済(在来作物調査:奥出雲町横田、三沢) 3月18日(月)→済(在来作物調査:邑南町等) 3月30日(土)→雨天中止 4月13日(土)→済(北広島町・雲月山の山焼きボランティアへ) 4月13日(土)→済(火入れ地整備;竹伏せ込み) 4月20日(土)→済 4月21日(日)→済 4月27日(土)→済 5月3日(金)→済 5月4日(土)→済 5月7日(火)→済 5月10日(金)→済 5月11日(土)→済 5月12日(日)→済 5月18日(土)→済 5月25日(土)→済 5月26日(日)→済 6月1日(土)火入れ準備→済 6月2日(日)火入れ→済 6月9日(日)→済 6月19日(土)→雨天中止 6月22日(土)→済(雨のため1.5hのみ) 6月25日(火)→済(ハダカムギ脱穀のみ;3h) 6月29日(土)→済(陸稲苗定植など) 7月7日(土)→済(陸稲苗定植、草刈りなど;3h) 7月13日(土)→済(草刈り、春焼地アワ等移植など;5h) 7月20日(土)→雨天中止 7月27日(土)→済(草刈りなど;2h) 7月28日(日)→済(草取りなど;2h) 8月3日(土)→中止(酷暑) 8月13日(日)→済(草刈り、草取り;4h) 8月18日(日)→済(草刈り3h) 8月24日(土)→済(草刈り3h) 8月31日(土)→済(草刈り3h) 9月8日(日)→済(草刈り2h) 9月13日(金)→済(消し炭づくり3h) 9月20日(金)→済(草取り3h) 10月10日(木)→済 10月19日(土)→済 11月16日(土)→済
登録団体
みんなのあそびばasoviva
開催期間
随時開催
内容
小・中学生対象で月一回開催している土曜日の居場所、どようび楽校。 多様な子どもたちを受け入れ、子どもたちに寄り添い、子どもたちのやりたい!!をサポートするスタッフを募集しています。 子ども理解のある方、子どもを真ん中に物事を考えることのできる方、保育系や教育系を目指している学生(高校生も可)も大歓迎。基本的にはボランティアですが、保険加入します。謝金として1日2000円お支払いします。 一緒に楽しみながら子ども理解を深めましょう。 もちろんただ単に子ども好きの方も大歓迎です。 お気軽にお問い合わせくださいね。 みんあのあそびばasoviva minnnano_asoviva@yahoo.co.jp 090-6411-7377(岸)
登録団体
島根県ボランティア活動振興センター
開催期間
随時開催
内容
■内容  2022 年度 3 月の春休み便は、冬休み便からさらに 3 校増え、古志原小学校・第四中学校・津田小学校・城北小学校・中央小学校・第一中学校・第三中学校・雑賀小学校・法吉小学校・湖北中学校・八雲中学校・忌部小学校・乃木小学校・持田小学校・大野小学校・意東小学校・生馬小学校の就学援助世帯等、約 400 世帯へ食品を届けます。  春休み支援のパッキング作業は下記日程の通りですが、コロナ禍での取り組みとなりますので、密にならない方法や換気、消毒等にも十分配慮して行います。参加申し込みの人数制限については行わない予定ですが、大幅に増える状況になれば、大変申し訳ありませんが調整をさせて頂くこともあります。ご了承ください。  なお、当日は必ずマスク着用でお出かけください。また、熱・頭痛・咳・ のどの痛みのある方及び濃厚接触者の方は参加をご遠慮下さい。  多くのボランティアの皆様と一緒になって食品をダンボール箱に詰め、メッセージを添えて各ご家庭にお届けしましょう。皆様方のご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。 ※ 上履き・水分の準備をしてお出かけください。 ■期日・会場 ・第1パッキング 3月 7日(火)10:00~13:00 県営大輪団地1F(大輪子どもハウス) ・第2パッキング 3月 8日(水)10:00~13:00 県営大輪団地1F(大輪子どもハウス) ・第3パッキング 3月 9日(木)10:00~13:00 県営大輪団地1F(大輪子どもハウス) ・第4パッキング 3月13日(月)18:00~     いきいきプラザ 体育室 ・第5パッキング 3月14日(火)18:00~   いきいきプラザ 体育室  ※ 県営大輪団地(大輪町420-40)は、島根県赤十字血液センター北側 ■締切  2023年2月20日(月)  ※締切厳守 ■お問い合わせ先  特定非営利活動法人フードバンクしまね「あったか元気便」事務局  〒690-0017 松江市西津田3-5-16 地域つながりセンター内  TEL:0852-67-3088/FAX:0852-67-7351  E-mail:attakagenkibin@gmail.com
登録団体
出雲市総合ボランティアセンター運営委員会
開催期間
随時開催
内容
出雲市総合ボランティアセンターです。 昨年末に募集していた当センターのボランティアコーディネーターの再募集のお知らせです。 日々のセンター活動の中枢であるコーディネートなどを行うお仕事です。 ボランティアコーディネーターについては特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会のサイトを見ていただくと良く分かります。 https://jvca2001.org/whats_vco/explanation/ 詳しい要項は出雲市のホームページをご覧ください。今回は随時募集です! ※2月18日現在申込終了しております。ご覧いただきありがとうございました。 具体的にどんな仕事が興味のある方はセンターまでご連絡ください。土日もOKです!! 出雲市総合ボランティアセンター 島根県出雲市松寄下町703-1 電話:0853-21-5400 メール:volunteer@local.city.izumo.shimane.jp
登録団体
森と畑と牛と
開催期間
随時開催
内容
今年で9年目となる奥出雲町佐白地内での焼畑をはじめとした環境保全活動への参加者を募集します。 野外活動が大半ですが、デスクワークや調査活動もありますので、お問い合わせください。活動内容は以下のものの中で適宜行います。 ★山墾りは冬シーズンへ。収穫が終わった畑の整理と同時に背後の竹林をはじめとした山林環境の整備も。ほか森の観察会などやります。 ★初心者歓迎。 ◉日時 2月6日(月)13時30分〜図書館蔵地域資料整理 2月7日(火)14時〜 2月12日(日)14時〜 ※冬季は雪をはじめ気象条件により日時がかなり流動的です。参加希望の方は個別に対応しますので、曜日などおよその希望日時をお伝えください。よろしくお願いいたします。 ※内容と時間は天候や参加状況などによって適宜アレンジして行います。 1月です。竹林整備、地域資料整理、どんぐり拾いとポットづくりなど、いろいろあります。冬いちご、まだ少しつまめます。作業の合間につまみぐい……。キクイモ掘りは旬。山のめぐみはまだまだたくさん。ボランティア希望の方は、お気軽にお問合せください。 ◉活動内容 1.荒廃竹林の整備……竹の伐採、運搬、消炭づくりなどです。雑木林あるいは草地への転換、または気持よい竹林に生まれ変わらせるためのいろいろ。 2.荒廃林伐開……焼畑(火入れ)のための伐開です。めざすところは野外博物館。10年サイクルで自然がめぐり、風と虫と鳥と牛と人と水が、協調しながらつくる、多様性に満ち満ちた「谷」をつくっていきます。 3.焼畑の準備……今年火入れをする山野の整備。燃える材の伏せ込み(竹や木の枝などを積み増しします)や防火帯づくりなど。 4.火入れ……山に積んだ材に火を放ち延焼させます。きたる2023年は春に1回、夏に1回を予定しています。見学や調査も受け入れています。 5.作物を育てる……育てるというよりは見守ること。焼畑は基本的には畝立てもなにもしません。草をぬいたり、牛が畑に入らないような柵をもうけたり、間引きしたりということ。 6.収獲……実験的な活動ですので、多種多品目栽培です。穀類、野菜類を育てますので、収獲後の脱穀選別調整や料理の試作なども。 7.地域の食文化調査としての、聞き書き調査。 ※天候不順の場合、中止または屋内での活動となります。 ◉場所 ダムの見える牧場 島根県仁多郡奥出雲町佐白529−1 ◉申込・問合せ 森と畑と牛との問合せフォーム、または奥出雲山村塾の申込みフォームからお申し込み・お問い合わせください。返信をもって受付とします。 ・奥出雲山村塾の申し込みフォーム(ページの中ほどに記入欄があります) https://s-orochi.org/public/archives/1761 ・森と畑と牛との問合せフォーム http://s-orochi.org/mhu/contact/ ファックスでも受付ています。 FAXNo. 618-8921-4124 ・要記載事項  氏名  住所  本人連絡先と緊急連絡先(家族、学校など)  参加希望日  動機・希望(やりたいこと、できること、できないことなど) ◉参加費 無料 ◉持ち物・服装など ※夏季はかなり汗をかきますが、疲れたら木陰でひとやすみ。着替え、タオルはほぼ必須です。 冬季でも動くとけっこう汗をかきます。通常のレインウェア+αを用意して、現地で適宜調整してください。また竹を運んだりすると泥などでかなり汚れます。 手袋(できれば革製。大きめのもので二重にするなどでもOK)などは濡れること前提で複数用意し、ゴム手袋が一組あると役立ちます。 ・長袖と頭部を覆うバンダナや帽子、タオル等(肌と頭部が隠れる服装)とレインウェア(雨風をしのげるもの) ・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴 ・手袋や軍手など手を保護するもの ・水分補給用水筒やペットボトル等(夏季はおおめに) ・夏期には虫除け(携帯用蚊取り線香、スプレーなど…)。 ※以下はある人は持参いただけるとよいです。こちらでも用意はあります) ・ノコギリ、ナタ(モウソウチク、低灌木伐採) ・ヘルメット ◉主催 森と畑と牛と/奥出雲山村塾/里山管理研究会 ◉山墾りとは  やまはり、と読みます。荒廃した山野を切り開くこと。開墾の墾をはるとよむのです。万葉集の時代にまでさかのぼる古語ではありますが、今の時代にあっても身に染み入るような語感を有しています。 「開墾は藪を刈り払って墾す(はらす)時に……」とは、吉野せい『洟をたらした神』に収められた「春」の一節。はるとは、払、遙、原、そして春の語幹となっているように、はらいのけてはるかみわたせるようにすることの義をもちます。
登録団体
島根県ボランティア活動振興センター
開催期間
2022/11/26
内容
■活動内容  来場者との交流やドリンクの提供など。出来ることをフォローしながら、たのしく活動しましょう! ■活動日  2022年11月26日(土) 18:30~22:30  ■活動場所  ツドリバ-RO-(出雲市今市町889-1) ■定員  3名程度 ■申込締切  11月24日(木) ■お問い合わせ先  出雲市総合ボランティアセンター  島根県出雲市松寄下町703-1  TEL(0853)21-5400  ※土日もOK♪(朝9時~夕6時まで)
登録団体
島根県ボランティア活動振興センター
開催期間
2022/11/16
内容
【内容】  ボランティア活動に興味・関心のある方達の情報交換や交流、親睦を深める事を目標に開催している「縁カフェおおだ」。今回は、サロン・ド・ゆきみーるさんを会場にみんなでドラム缶ピザを作ります!  ゆきみーるさんは「青少年の居場所」として、様々な取組みをしておられます。ご存知の方も多いのではないでしょうか。ドラム缶ピザは、ゆきみーるさんのイベントや林業祭などでも出店されていました。上に乗せる食材は自由!王道のピザソース。スイートにチョコソース。みなさんの好みで作ることができます。チラシに無い食材はお持ちいただいてもOKです!  当日は淹れたてコーヒーもあります。ご自分で淹れることもできますよ。  ボランティア活動やゆきみーるさんに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます!ゆきみーるさんの施設見学のようなこともできればと考えています(^^♪  詳しくはチラシをご覧いただくか、下記連絡先までお問合せください(^^)/お申込・お問合せをお待ちしていまーす! 【開催日】  2022年11月16日(水) 【申込締切】  2022年11月9日(水) 【お問い合わせ先】  社会福祉法人 大田市社会福祉協議会  地域福祉課:CSW小谷  電話:0854-82-0091 FAX:0854-82-9960  MAIL:kotani-t@fukushi-ohda.jp
登録団体
島根県ボランティア活動振興センター
開催期間
2022/11/05
内容
令和4年11月5日(土)に障害者支援施設まがたまで開催される「第17回 まがたま祭り」において、ボランティアを募集します。 ボランティアへの協力をいただける方は、募集要項にて詳細を確認いただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはFAXにてお申し込みください。 ◇募集締切◇令和4年10月14日(金)必着 ※この件に関する申し込み及び問い合わせは、下記の障害者支援施設まがたまにお願いします。 <申し込み・お問い合わせ先>  〒699-0201 松江市玉湯町玉造1649-2  社会福祉法人上口福祉会 障害者支援施設 まがたま(担当:松本・前田)  TEL (0852)62-2535 FAX (0852)62-2586
登録団体
島根県ボランティア活動振興センター
開催期間
2022/11/01 - 2022/12/17
内容
■概要  新型コロナウイルスの影響等で生活にお困りの方を「食」で応援します!  食品・日用品のご寄附にご協力をお願いします!  ☆フードドライブとは、家庭で食べきれない食品や食べられるのに廃棄対象となってしまう食品を地域の皆さまや企業等から寄附していただき、いま生活に困窮する状況にある方に必要な食品を届ける活動です。 【食品・日用品の寄附について】  ■受付期間 11月1日(火)~12月16日(金) ※土日祝日除く  ■受付時間 9:00~16:00  ■受付窓口 出雲市社会福祉協議会 本所、各支所  ■お寄せいただきたい食品・日用品   缶詰、インスタント食品(ラーメン等)、レトルト食品、米、飲料、菓子、洗剤、マスク、ティッシュ、トイレットペーパー等   ※常温保存、未開封、賞味期限が明記され2か月以上あるもの   ※上記以外の食品・日用品は、お受けできない場合があります。事前にご相談ください。   ※ただし、野菜は2022年12月15日(木)~受付いたします。 【集めた食品のお渡しについて】  地域の方や企業の皆さまより寄せられた食品等を無料でお渡しします。  ■日時 令和4年12月17日(土)  13:30~16:00  ■場所 出雲市社会福祉センター1階ロビー (出雲市今市町543)  ■対象 生活にお困りの出雲市民の方。  ■留意事項   ・1世帯につき1回の受け取りとなります。    (特定の品目指定などのご希望にはお応えできません。)   ・事業実施には本会職員のほかボランティアが対応し守秘義務は厳守します。   ・当日ご来場できない方は別日のお渡しもできます。   ・消毒液の設置等、感染予防対策に努めております。ご来場時は、マスクの着用をお願いします。   ・駐車場は、スタッフの指示に従ってご利用ください。  ■申込方法   HPから申し込みを行ってください。  ※新型コロナウイルス感染拡大等により事業が中止した場合に備え、氏名・住所等を確認しますが、フードドライブの事業以外には使用いたしません。  ※新型コロナウイルスの感染状況によっては、内容を変更する場合があります。  ※消毒液の設置等感染症対策に努めております。ご来場時は、マスクの着用をお願いします。  ※駐車場は、スタッフの指示に従ってご利用ください。今市コミュニティーセンターもご利用できます。 ■留意事項  詳細については、HPでご確認ください。 ■お問い合わせ先  社会福祉法人 出雲市社会福祉協議会 フードドライブ担当  〒693-0001  島根県出雲市今市町543  電話 0853-23-3781 
登録団体
島根県健康福祉部地域福祉課
開催期間
2022/10/20
内容
国立公園「三瓶山」の西の原で、池田・志学・北三瓶小学校の3校が合同でユリ科の多年草『ユウスゲ』の植栽活動を行います。 この植栽活動にあたりお手伝いいただけるボランティアを募集しています。 ご協力いただける方は、10月20日(木)午前9時30分までに三瓶山西の原駐車場前に集合して下さい。 事前申込は不要で雨天中止です。 汚れてもよい服装で、軍手、雨具、タオル等については、各自で用意してご参加ください。                                                                                         【日程 】  令和4年10月20日(木) 9時45分~11時00分 ※雨天中止 【集合場所 】  三瓶山西の原駐車場前 【講師】  大田の自然を守る会 会長   伊藤  宏さん       【内容】 (1)西の原における植物の植生状況や保護活動について (2)3校活動報告 (3)植栽活動 【お問い合わせ先】 大田市役所 環境政策課 〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地 TEL :0854-83-8069 FAX :0854-82-6667
登録団体
島根県健康福祉部地域福祉課
開催期間
2022/10/04
内容
飯南町にある赤名湿地は、貴重な植物が育生する高冷地の湿地帯で、昭和52年に島根県自然環境保全地域に指定され、地元保護育成会を中心に保全活動が行われています。 この草刈り作業は、平成15年から継続して実施しています。ヨシなど湿地の環境を悪化させる植物の刈り取りや倒木の処理など、これまでに行ってきた取り組みの結果、湿地の環境が改善されサギソウなどの貴重な花が毎年咲くようになり、着実に成果が表れています。 貴重な湿地の自然を守るために、皆さんの力をお貸し下さい! 【日時】:令和4年10月23日(日)9:00~11:30 雨天決行(ただし、荒天の場合は現地で判断し危険であれば作業中止) 【集合場所】:飯南町下赤名 赤名湿地駐車場 【作業内容】:ヨシなどの陸化を早める植物の除去等 【作業道具】:鎌があればご持参ください。汚れてもいい服装でご参加ください! 【申込方法】:電話、FAX、メールのいずれかで10月14日(金)までにご連絡下さい。        参加者の傷害保険加入のため氏名、性別、生年月日、住所をお知らせ下さい。 【申込先】:島根県環境生活部自然環境課自然保護グループ       tel:0852-22-6516 Fax:0852-26-2142       Mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp       当日連絡先:島根県環境生活部自然環境課公用携帯090-2095-9715 【その他】:新型コロナウイルス感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。       発熱等の体調に不安のある方は、当日の参加をご遠慮いただきます。
登録団体
島根県健康福祉部地域福祉課
開催期間
2022/05/29
内容
第28回2022えびす・だいこく100kmマラソン大会では、ボランティアの募集が行われています。 【開催日】  2022年5月29日(日) 【コース】  美保神社前~出雲大社前(神門通り交通広場)     全長約100km 【ボランティア募集人員】  合計200名 【申し込み方法】  募集案内をご覧いただき、参加申込書をご記入の上、郵送またはメール添付にて事務局までお願い致します。 【募集案内・参加申込書2022 】  ホームページからダウンロードできます。 【ボランティア募集申込み締め切り】  2022年3月31日(木) 【お問い合わせ先】 〔郵送先〕 〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661   (一社)松江観光協会美保関町支部内 えびす・だいこくマラソン大会事務局 宛  TEL(0852-73-9001) 〔メール〕ebi-dai.vol@mable.ne.jp
登録団体
森と畑と牛と
開催期間
2022/01/04 - 2023/01/05
内容
令和5年1月より「出雲の山墾り〜竹の焼畑2023」として続きます。活動は9年目へ。 ボランティア情報サイトに掲載しておりますので、そちらをご覧ください。 2022年、たくさんの方に参加いただきました。のべ160名ほどになると思います。 今後ともよろしくお願いいたします。 ◉活動内容 1.荒廃竹林の整備……竹の伐採、運搬、消炭づくりなどです。雑木林あるいは草地への転換、または気持よい竹林に生まれ変わらせるためのいろいろ。 2.荒廃林伐開……焼畑(火入れ)のための伐開です。めざすところは野外博物館。10年サイクルで自然がめぐり、風と虫と鳥と牛と人と水が、協調しながらつくる、多様性に満ち満ちた「谷」をつくっていきます。 3.焼畑の準備……今年火入れをする山野の整備。燃える材の伏せ込み(竹や木の枝などを積み増しします)や防火帯づくりなど。 4.火入れ……山に積んだ材に火を放ち延焼させます。きたる2023年は春に1回、夏に1回を予定しています。見学や調査も受け入れています。 5.作物を育てる……育てるというよりは見守ること。焼畑は基本的には畝立てもなにもしません。草をぬいたり、牛が畑に入らないような柵をもうけたり、間引きしたりということ。 6.収獲……実験的な活動ですので、多種多品目栽培です。穀類、野菜類を育てますので、収獲後の脱穀選別調整や料理の試作なども。 7.地域の食文化調査としての、聞き書き調査。 ※天候不順の場合、中止または屋内での活動となります。 ◉場所 ダムの見える牧場 島根県仁多郡奥出雲町佐白529−1 ◉申込・問合せ 森と畑と牛との問合せフォーム、または奥出雲山村塾の申込みフォームからお申し込み・お問い合わせください。返信をもって受付とします。 ・奥出雲山村塾の申し込みフォーム(ページの中ほどに記入欄があります) https://s-orochi.org/public/archives/1514 ・森と畑と牛との問合せフォーム http://s-orochi.org/mhu/contact/ ファックスでも受付ています。 FAXNo. 618-8921-4124 ・要記載事項  氏名  住所  本人連絡先と緊急連絡先(家族、学校など)  参加希望日  動機・希望(やりたいこと、できること、できないことなど) ◉参加費 無料 ◉持ち物・服装など ※夏季はかなり汗をかきますが、疲れたら木陰でひとやすみ。着替え、タオルはほぼ必須です。 冬季でも動くとけっこう汗をかきます。通常のレインウェア+αを用意して、現地で適宜調整してください。また竹を運んだりすると泥などでかなり汚れます。 手袋(できれば革製。大きめのもので二重にするなどでもOK)などは濡れること前提で複数用意し、ゴム手袋が一組あると役立ちます。 ・長袖と頭部を覆うバンダナや帽子、タオル等(肌と頭部が隠れる服装)とレインウェア(雨風をしのげるもの) ・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴 ・手袋や軍手など手を保護するもの ・水分補給用水筒やペットボトル等(夏季はおおめに) ・夏期には虫除け(携帯用蚊取り線香、スプレーなど…)。 ※以下はある人は持参いただけるとよいです。こちらでも用意はあります) ・ノコギリ、ナタ(モウソウチク、低灌木伐採) ・ヘルメット ◉主催 森と畑と牛と/奥出雲山村塾/里山管理研究会 ◉山墾りとは  やまはり、と読みます。荒廃した山野を切り開くこと。開墾の墾をはるとよむのです。万葉集の時代にまでさかのぼる古語ではありますが、今の時代にあっても身に染み入るような語感を有しています。 「開墾は藪を刈り払って墾す(はらす)時に……」とは、吉野せい『洟をたらした神』に収められた「春」の一節。はるとは、払、遙、原、そして春の語幹となっているように、はらいのけてはるかみわたせるようにすることの義をもちます。
登録団体
出雲市総合ボランティアセンター運営委員会
開催期間
2021/12/24 - 2022/01/14
内容
出雲市総合ボランティアセンターです。 さっそくですが、当センターの「ボランティアコーディネーター」を募集中です。 日々のセンター活動の中枢であるコーディネートを行う人材です。 詳しい要項は出雲市のホームページをご覧ください。 https://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1577248321679/index.html 募集期間が1月14日までとなっていて短いです。 どんな仕事が興味のある方はセンターまで。 但し、12月28日から1月3日までは休館しています。 それ以外は土日でも9時から18時までOKです。 出雲市総合ボランティアセンター 島根県出雲市松寄下町703-1 電話:0853-21-5400 メール:volunteer@local.city.izumo.shimane.jp
登録団体
森と畑と牛と
開催期間
2021/01/04 - 2022/01/03
内容
★2021年は終了、引き続き募集中です。 「出雲の山墾り〜竹の焼畑2022」をご覧くださいませ。 ーーー 今年で7年目となる奥出雲町佐白地内での焼畑をはじめとした環境保全活動への参加者を募集します。 野外活動が大半ですが、デスクワークや調査活動もありますので、お問い合わせください。活動内容は以下のものの中で適宜行います。 ★山墾りは冬の消炭づくり、そして春の火入れへ向けて竹の整理を中心に、畑や山の道の整備など。ほか森の観察会、牛の観察や希望者には給餌体験も。 ★初心者歓迎。 ◉日時 予定(随時更新) 2021年は終了。 ※内容と時間は天候や参加状況などによって適宜アレンジして行います。お問合せください。 冬。それは山仕事の季節です。心地よく身体が動かせます。樹々も美しい季節です。落葉樹の樹形がくっきりとみえますし、木の実や落葉から同定もしやすい。ヤブツバキ、シラカシ、チャノキ…照葉樹も冬独特の美しさがあります。作業のあいまに冬苺をつまみぐいできるのも、そろそろシーズン終了、今年のつまみおさめはいかが? 自然観察、ちょっとしたキャンプ気分でどうぞ。 ◉活動内容 1.荒廃竹林の整備……竹の伐採、運搬、消炭づくりなどです。雑木林あるいは草地への転換、または気持よい竹林に生まれ変わらせるためのいろいろ。 2.荒廃林伐開……焼畑(火入れ)のための伐開です。めざすところは野外博物館。10年サイクルで自然がめぐり、風と虫と鳥と牛と人と水が、協調しながらつくる、多様性に満ち満ちた「谷」をつくっていきます。 3.焼畑の準備……今年火入れをする山野の整備。燃える材の伏せ込み(竹や木の枝などを積み増しします)や防火帯づくりなど。 4.火入れ……山に積んだ材に火を放ち延焼させます。2020年は春に1回、夏に1回を予定しています。見学や調査も受け入れています。 5.作物を育てる……育てるというよりは見守ること。焼畑は基本的には畝立てもなにもしません。草をぬいたり、牛が畑に入らないような柵をもうけたり、間引きしたりということ。 6.収獲……実験的な活動ですので、多種多品目栽培です。穀類、野菜類を育てますので、収獲後の脱穀選別調整や料理の試作なども。 7.地域の食文化調査としての、聞き書き調査。 ※天候不順の場合、中止または屋内での活動となります。 ◉場所 ダムの見える牧場 島根県仁多郡奥出雲町佐白529−1 ◉申込・問合せ 森と畑と牛との問合せフォーム、または奥出雲山村塾の申込みフォームで、件名を「ボランティア希望」としてお申し込み・お問い合わせください。返信をもって受付とします。 森と畑と牛との問合せフォーム http://s-orochi.org/mhu/contact/ 奥出雲山村塾の申し込みフォーム https://s-orochi.org/public/archives/1283 ファックスでも受付ています。 FAXNo. 618-8921-4124 ・要記載事項  氏名  住所  本人連絡先と緊急連絡先(家族、学校など)  参加希望日  動機・希望(やりたいこと、できること、できないことなど) ◉参加費 無料 ◉持ち物・服装など ※夏季はかなり汗をかきますが、疲れたら木陰でひとやすみ。着替え、タオルはほぼ必須です。 冬季でも動くとけっこう汗をかきます。通常のレインウェア+αを用意して、現地で適宜調整してください。また竹を運んだりすると泥などでかなり汚れます。 手袋(できれば革製。大きめのもので二重にするなどでもOK)などは濡れること前提で複数用意し、ゴム手袋が一組あると役立ちます。 ・長袖と頭部を覆うバンダナや帽子、タオル等(肌と頭部が隠れる服装)とレインウェア(雨風をしのげるもの) ・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴 ・手袋や軍手など手を保護するもの ・水分補給用水筒やペットボトル等(夏季はおおめに) ・夏期には虫除け(携帯用蚊取り線香、スプレーなど…)。 ※以下はある人は持参いただけるとよいです。こちらでも用意はあります) ・ノコギリ、ナタ(モウソウチク、低灌木伐採) ・ヘルメット ◉主催 森と畑と牛と/奥出雲山村塾/里山管理研究会 ◉山墾りとは  やまはり、と読みます。荒廃した山野を切り開くこと。開墾の墾をはるとよむのです。万葉集の時代にまでさかのぼる古語ではありますが、今の時代にあっても身に染み入るような語感を有しています。 「開墾は藪を刈り払って墾す(はらす)時に……」とは、吉野せい『洟をたらした神』に収められた「春」の一節。はるとは、払、遙、原、そして春の語幹となっているように、はらいのけてはるかみわたせるようにすることの義をもちます。
登録団体
島根県健康福祉部地域福祉課
開催期間
2020/11/01
内容
島根県企業局では、運営する水力発電所や浄水場の上流域を中心に森づくり(植栽活動)を行っています。 川の源流である山に保水力のある広葉樹を植えることによって、水源に水がはぐくまれると共に地球温暖化の要因とされているCO2の吸収を図ることができます。 来る11月1日(日)に広瀬町で実施する広瀬町ふるさとの川浄化実行委員会主催の植林作業においてボランティアを募集しています。 毎日飲んでいる水の源に、水を供給してくれる木を、あなたの手で植えてみませんか? ■日時■  令和2年11月1日(日)11:00~ ※雨天決行 ■場所■  安来市広瀬町西比田 市原地内(県道草野横田線から徒歩5分)  ※松江からは大型バスによる送迎あり 詳細はチラシをご確認ください。 ■参加費■  無料 ■内容■  広葉樹(くぬぎ)の植林 11:10~12:15 植林作業 ■集合場所■  直接会場に来られる方で場所をご存じでない方は、10:20までに比田いきいき交流館にお越しください。  場所がわかる方は、直接現地に行かれても大丈夫です。 ■参加申し込み方法■  10月30日(金)までに、チラシ裏に必要事項を記入の上、下記まで提出してください。 【お問い合わせ先】 しまね東部森林組合 総務課 電話:0854-32-2680 FAX:0854-32-2687