イベントカレンダーを見る

ボランティアセンターとは

県民、企業、団体など、島根県内の社会貢献活動の参加を応援するサイトです。

文字サイズ

クラウドファンディング情報詳細

フ-ドバンク事業 (フードバンクしまね あったか元気便)

親子ボランティアさんの箱詰め作業
ボランティアのみなさん
城西公民館のフ-ドドライブ
松江土建さんのフ-ドドライブ

現在のご支援

202,001円

101%
目標額: 200,000円

募集終了

募集期間: 2021/12/03 - 2021/12/22

募集を締め切りました。

この団体に寄附する 掲載事業への寄附募集は終了しましたが
この団体への寄附はこちらから常時可能です。
いただいた寄附は団体の別事業に活用させていただきます。

事業の概要

私たちは、「就学援助世帯」の子どもたちにフードドライブ等で集めた食料を「あったか元気便」としてお届けし、経済的な負担の軽減を図るとともに、困った時はおたがいさまのまちづくりを目指しています。
「あったか元気便」は、給食がない長期休みの春休み、夏休み2回、冬休みの年4回、ご希望の家庭にお送りしています。
この取り組みは2019年に松江市立古志原小学校の協力によってスタートしました。84世帯から始まった取り組みは、4年間で1,100世帯まで拡大しています。
年々対象世帯が増えているのは大変喜ばしいことですが、一方で、配布する食料の不足や食品を保管する場所の確保などの問題に直面しています。
急速に広がる利用者増に応え、食品を安全に、安定的に提供するため、お米と食品の倉庫(一時保管庫)を設置することが必要となってきました。また、一時保管倉庫の設置により備蓄量も増え、コロナ禍が長期化するなかで増加しつつある利用者の「SOS」に「臨時食品応援」で対応できることとなります。

はじめに・ご挨拶

パッキングボランティア.JPG 4.49MB
フ-ドバンクしまねあったか元気便は、2019年から松江市の小・中学校の「就学援助世帯」へ, 
夏休みなど給食のない長期休校期間の年4回を基本に食品の提供を行っています。 
「就学援助世帯」への食品提供を通じて、これらの世帯と子どもたちへ「励まし」と「安心」を届け、「孤立」を防ぎ、様々な支援サ-ビスとつなげ「自立」を応援することをめざしています。 
また、フ-ドバンクの取り組みを「支える輪」をひろげ「『困ったとき』は、おたがいさまのまちづくり」、「地域の子どもは地域のみんなで育てるまちづくり」をめざしています。 
2021年度(見込み)は、11の小・中学校に通う、延べ1,100世帯、延べ3,800人家族に約11トンの食品を提供します。また、フ-ドバンク事業を「支える輪」には、ボランティアのべ500人、フ-ドドライブ食品総量10トン、60以上の地域団体、企業が協力しています。 
 

この事業で実現したいこと

 フ-ドバンク利用者と、フ-ドバンクを支える地域から寄せられるお米や食品の増加に伴い、一時保管倉庫と備品の設置が必要となりました。これによって、より安心な食品とより多くの食品を、たくさんの子供たちと家庭に届けることができるようになります。
 また、増加しつつある利用者の「臨時食品応援」にも、即応できる体制をつくることが出来ます。


事業を行おうと思った理由

 2019年からの2年間の取り組みで、利用者も3倍近くに増えました。また、これを支える地域の住民や企業から寄せられる食品の総量も2倍以上に増えました。
 利用者の願いに応え、地域からの期待に応えるうえで、フ-ドバンク事業の根幹の食品受け入れ、管理、応需の体制を整備すること急がれる課題と考えた次第です。
フードドライブ①.JPG 2.01MB

これまでの活動

2019年度 延べ392世帯、延べ1400人、小中学校3校で年4回フ-ドバンクに取り組む。食品提供5.5トン。
2020年度 延べ761世帯、延べ2626人、小中学校6校で年6回フ-ドバンクに取り組む。食品提供8.4トン。
2021年度 延べ1100世帯、のべ3900人、小中学校11校で年6回フ-ドバンクに取り組む。食品提供12トン。(見込み) 

今年度は、あったか元気便の利用者数は前年度の延べ761世帯から延べ1,100世帯に、食品提供総量は約8.4㌧から11.5㌧を超える見込みです。また、フ-ドドライブも通年的に受け入れ件数が増加し、総量も10トンを超える見込みです。

資金の使い道

食品保管棚1本購入、リフト付き台車購入。

フードドライブ②.JPG 2.01MB

実施スケジュール

2021年12月 寄付募集期間 
2022年1月初旬   備品発注 
                   中旬   購入・設置・使用開始 
2022年1月~2月 フードドライブ運動(食品等の調達)
2022年3月中旬   あったか元気便の発送  

最後に(アピールポイント等)

親子ボランティア.JPG 4.01MB
 「就学援助世帯」への食品提供を通じて、「励まし」と「安心」を届け、「誰もが、安心して住みつづけられる市民主体のまちづくり」をめざしています。 
 

資料

地域

松江市

大分野

子育てや社会教育の推進 健康づくりや福祉の充実 誰もがいきいきと暮らせる社会の実現

フードバンクしまね あったか元気便(ふーどばんくしまねあったかげんきびん)

アピールポイント

 「就学援助世帯」(生活困窮世帯)の家庭と子供たちに食品の提供を通じて「元気」と「安心」を届け、「だれでも安心して暮らし続けられるまちづくり」をすすめます。

活動場所

島値県松江市

活動分野

子ども 福祉 教育・学習支援 食・産業、漁業、林業 地域・まちづくり

団体の目的

 「子どの貧困」が社会問題化するなか、島根県に於いても子供たちの7人に1人が「生活困窮世帯」のなかにいます。
わたしたちは、こうした家庭と子供たちに、食品を提供し「元気」と「安心」を届けることを通じて「孤立」を防ぎ、「自立」を応援していきたいと考えています。
  そして、取り組みを通じて「『困った時』は、おたがいさまのまちづくり」、「地域の子供たちは、地域のみんなで育てるまちづくり」をめざします。
 

団体の活動・業務

地域団体や企業などによびかけフ-ドドライブ(食品の持ち寄り)の取り組み
ボランティア参加のよびかけ、提供する食品の箱詰め作業
募金のよびかけ
学習・交流会の企画、開催
広報紙の発行、配布

設立以来の主な活動実績

2019年のべ392世帯、のべ1400人、3つの小中学校で年4回フ-ドバンクに取り組む。食品提供5.5トン

2020年のべ761世帯、のべ2626人、6つの小中学校で年6回フ-ドバンクに取り組む。食品提供8.4トン

2021年のべ1100世帯、のべ3900人、11の小中学校で年5回フ-ドバンクに取り組む。食品提供12トン(見込み)

現在特に力を入れていること

利用者の輪を広げること。
地域の支える輪づくり(フ-ドドライブ、ボランティア、財源)を広げること。
利用者、地域からの信頼を高める上でNPO法人化の準備をすすめること。

今後の活動の方向性・ビジョン

 現在、取り組みを行っている11の小中学校に通う児童・生徒数は、松江市内の児童・生徒数の約三分の一を占めています。
引き続き、松江市での取り組みを広げるとともに、全県的な広がりをつくることを視野に取り組みを発展させたいと考えています。
 こうした広がりが、利用者にとって、「より身近で」「頼りになる」存在としてのフ-ドバンク事業に成長させることをめざしています。 

基本情報

CANPAN 団体情報URL
http://fields.canpan.info/organization/detail/926
所在地
松江市
公開範囲
インターネット上で公開
団体属性
ボランティア団体
代表者役職
代表
代表者氏名
春日 邦宣 (かすが くにのぶ)
事務局役職
事務局長
事務局氏名
大木 理之(おおき ただし)(おおき ただし)
郵便番号
〒690-0017
住所
島根県松江市西津田3-5-16JAしまね津田支店2F地域つながりセンタ-内
電話番号
0852-67-3088
FAX番号
0852-67-6890
ホームページ
https://foodbankshimane.com/
メールアドレス
attakagenkibin@gmail.com
設立日
2019年06月06日
会員種別/会員/数
正会員  団体5、個人3人賛助会員 団体・企業12、個人11人
URL

https://foodbankshimane.com

未登録